売上を本気であげたい時の具体例:客数を増やす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
many-guest

前回、売上を上げたいと思ったとき見る3つについてお伝えしました。前回の記事⇒本気で売上をあげたいと思ったときにまず見て欲しい3つのポイント

この3つ覚えていますか?

1、客数を把握する
2、客単価を把握する
3、購入頻度を把握する

この3つが売上をあげたいと思ったときに、まず把握して欲しいポイントだとお伝えしました。それぞれは数値で把握しましたか?

この数値は「なんとなく」「だいたい」ではいけませんよ。しっかりと数値で把握してくださいね。

今回はまず1つめの客数についてお伝えしますね。

客数を増やす

「売上をあげたい」と考えた時に、まず思いつくのがこの「客数を増やす」ではないでしょうか?

多くの経営者が「もっとお客さんがくれば、売上があがる」と思っているのは間違いありませんよね。

ではどんな形で客数を増やせばいいのでしょうか?

客数を増やす具体例:新規のお客さんを増やす

客数を増やす具体例としては、まず新規のお客さんを増やすことがあります。これも多くの経営者が「お客さんを増やす」=「新しいお客さんを増やす」と感じているのではないでしょうか?

新しいお客さんが来てくれると、ビジネスは活気づきますし。あなた自身もわくわくしますよね。

新規のお客さんに来てもらうために、一番早いのは「お試し価格を設定してみる」ということです。

初めてのお客さんにとって、あなたの商品・サービスがどのような内容なのか、とても気になりますよね。そんな時に平常より安価で購入することができるお試し価格があるといいと思いませんか?

具体的に言うと「初回○○円引き」や「初回○○サービス」などがそうですし、他には「初回○○分無料」などもお試し価格になります。

新しいお客さんから見て、これならちょっと試してみようかな、と思うような金額やサービスを提示する事が大切です。

パン屋さん等でしたら「味見」として1口程度のパンの「試食サービス」を店外で行う事でもいいですよね(店外での活動は規制等もありますから、事前に確認してくださいね)

新しいお客さんには、まずあなたの商品・サービスを知ってもらうことが大切ですよね。いろいろな方法で、新規のお客さんに知ってもらう事が大切ですね。

客数を増やす具体例:休眠しているお客さんを掘り起こす

新規のお客さんについては、多くの人が想像できたことだと思いますが、休眠客って何?と思われた方もいるのではないでしょうか?

休眠客というのは、過去にあなたの商品・サービスを購入したけれど、その後購入していないというお客さんのことを指します。

あなたのビジネスにもそのようなお客さんはいますよね。
そういったお客さんにまたあなたの商品・サービスを購入してもらう事を、休眠客の掘り起こしといいます。

そもそも、お客さんがあなたの商品・サービスを利用しなくなったのはなぜでしょうか?
お客さんがあなたの商品・サービスを購入しなくなった理由はいくつかあるとお思いますが、最大の理由は忘れてしまうからなのです。

「忘れる」って意外に思うかもしれませんが、あなた自身を振り返ってみるとよくわかります。

1度行っただけで、2回目に行かなかったお店はどのくらいあるでしょうか?もちろん中には二度と行きたくない、というお店もあったかもしれませんが、それはほんの一部ですよね。

多くはよかったけれど、いつか行こうと思っていたけれど、と思いながら月日が経ち忘れているケースが多いのではないでしょうか?

あなたの商品・サービスを購入したお客さんも同様なのです。

そこで「ついうっかり行けなかった」お客さんに「また行こう」と思わせることが大切です。それはセールのご案内だけとは限りません。

新商品のお知らせやお得なメニュー、季節に応じた商品など様々なお知らせを届ける事で、足が遠のいていたお客さんがまた戻ってきてくれるのです。

客数を増やす具体例:離脱するお客さんを減らす

客数を増やす3つ目の具体例は「離脱を減らす」ということです。

離脱の意味があまりわかりにくいと思いますので簡単に説明しますね。

先ほど、客数を増やす具体例として休眠客のことをお伝えしました。でも本当はお客さんが休眠客にならないことの方が大切ですよね。

これが離脱を減らす、という意味です。

つまり1度あなたの商品・サービスを購入してくれたお客さんが、頻度の差こそあれ、また定期的に購入してくれることを指します。

1度購入してくれたお客さんがずっと購入してくれるというのはとても嬉しいですよね。

あなたの商品・サービスのことを忘れないようにするためには、なんといっても大切なのがお客さんとのコミュニケーションです。

あなたの商品・サービスを購入してくれたお客さんに「商品はどうでしたか?」「不明な点はありませんか?」「ご不満はありませんか?」など直接聞いたり、メールや電話、DMで投げかけたりすることが、重要です。

「商品には自信があるから大丈夫」「良い商品だから問題ない」といって何もフォローをしていない人が多いのが現状です。

あなたが良い商品と思っていても、お客さんはよく使いこなしていないかもしれません。どんなに素晴しいサービスを受けたとしても、数日経つと忘れてしまうのが人間です。

商品・サービスに自信があるからこそ、お客さんに困っている事はないか、フォローすることで、、お客さんは「またあなたの商品を購入しよう」という気持ちになるのです。

これが離脱を減らすということです。

あなたは1度来てくれたお客さんにフォローをしていますか?簡単なことですが多くの人がやっていないことなので、ぜひやってみてください。

客数を増やすまとめ

売上を上げたいと思うときにまず浮かんでくる客数の増。

1、新規のお客さんを増やす
2、休眠客を掘り起こす
3、離脱するお客さんを減らす

それはこのように、なにも新規のお客さんを増やす事だけではありません。

1度購入してくれたお客さんに対して、どうやったら気に入ってくれるのか、どうしたらまた来てくれるのか?を考えることで、客数は増えていきます。

客数が増えることで売上も必然的に上がるようになりますよね。

ぜひ、今日から考えてみて客数を増やしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*