Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/netstartpack/start-marketing.com/public_html/wp-content/plugins/siteorigin-panels/inc/styles-admin.php on line 390
【必見】集客とセールスの違いは何?

【必見】集客とセールスの違いは何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは集客とセールスの違いについて
ハッキリと言えますか?

私が以前こんな質問をしたところ
残念なことに8割以上の方が間違っていました。

あなたはこの違いがわかりますか?

集客とセールスはこんなにも違う

言葉の意味だけを取れば誰でも違いはわかりますよね。

集客=お客さんを集める事
セールス=お客さんに売ること

全く別のことですよね。

ですが、実際に商品を目の前にすると
どうしてもこの2つを一緒にしてしまう方が多いのです。

こんな例があります。

住宅展示場のケースです。

住宅展示場はモデルルームを見に来てくれることから始まります。

いろいろな手段を使ってモデルルームの見学を
促しますよね。

来店してくれた方全員にプレゼントはもちろんのこと
子供連れでも平気なようにキッズルームの併設
さらに、長時間いられるように軽食のサービス

他にも地域や時間に応じて多くのサービスを用意しています。

これが集客ですよね。

そして、来場してくれたお客さんにアンケートを取りながら
お客さんの来店理由をそれとなく聞き出します。

・プレゼントが欲しかったから
・もしかすると建て替えるかもしれない
・いつかは家を建てたい
・土地を買ったので家をどうするか考えている

聞きだした内容を元に、すぐに購入に結びつきそうな人と
そのうちに購入になりそうな人と、冷やかしの人とわけて
購入に結びつきそうな人にアプローチをしていきます。

これがセールスです。

なんとなくわかりますよね?

でも、実際に住宅展示場に行くと、こうならないケースが多いのです。

近くを通りがかっただけなのに
「今、契約すれば○○○もサービスします」と呼びこんだり、

家の建て替えで、どんな感じにするか見に来たのに
プレゼントだけ渡して、案内はつかなかったり。

集客をせずにセールスしたり
セールスすべきところをしなかったり。

実際にはぐちゃぐちゃになっているケースが多いのです。

特にインターネット上ではこの集客とセールスが
一緒になっているために、商品が全く売れないというケースを良く見ます。

実際に売上を上げるためにはどちらが重要か?

そもそも「買いたい」と思っているお客さんに商品を売るのでしたら
誰にでもできますよね、だって欲しいと思っているのですから。

ということは、買いたい、欲しいと思っているお客さんを
見つけてくると、売上をすぐに上げることができますよね。

そう、実際に売上を上げるために効果的なのは
集客なのですが、そう考えていない人が多いのです。

そしてこの集客をしやすいのがインターネットなのです。

あなたの商品に興味がありそうな人、現状の商品に不満を感じている人
困っている人などを集めることは24時間365日稼働している
インターネットでは手軽にできるのです。

ということはインターネットで集客をして
セールスはあなたがしていく、という仕組みを作ることで
売上が増えていくのです。
あなたは集客とセールスを一緒にしてはいませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*