Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/netstartpack/start-marketing.com/public_html/wp-content/plugins/siteorigin-panels/inc/styles-admin.php on line 390
あなたの会社をマーケティングしてみましょう

あなたの会社をマーケティングしてみましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングとは
「お客さんに価値を提供してお金をいただくこと」
と以前にお話ししました。以前の記事はこちら

ではあなたの会社をマーケティングしてみましょう。

あなたの会社ではどんな商品やサービスを取り扱っていますか?

取り扱っているものは1つだけですか?
いくつもありますか?

あなたのホームページでは
どのようにしてそれを取り上げているのでしょうか?

最近、こんなラーメン屋さんを見つけました。
こんな看板があります。
「濃厚とんこつラーメン ○○(店名)」

確かに私の大好きな濃厚なとんこつの匂いがします。
美味しそうです。

よく見るとこんな張り紙があります。
「天ぷらはじめました」

天ぷら?ラーメンに天ぷら??
どうも合わないような気がします。

さらによく見るとこんな張り紙もあります。
「自家製ショートケーキあります(持ち帰りはできません)」

ラーメンに天ぷらにケーキ???
とんこつの匂いの中でケーキを食べるの?!
だいぶ合わないような気がしませんか?

ラーメン屋さんで天ぷら食べてケーキを食べる人は
どのくらいいるのでしょうか?

そもそも
あなたのお店は「とんこつラーメン」屋さんですよね??
ラーメンは自信がないから、天ぷらやケーキを
一緒に販売しているのでしょうか?

でも私達は通常、
美味しい天ぷらが食べたければ天ぷらの専門店、
ケーキが食べたい時にはケーキ屋に行きますよね。

だって天ぷら一筋80年、というお店の方が
天ぷらは美味しそうに思えますし、
ケーキだってコーヒーや紅茶の匂いで食べたいですよね。

でもこのような「得意なものがいくつもあります」というお店、結構見かけます。

そして先ほどのお店は残念ながら、
お客さんをあまり見かけません。

何でもできます、あります、は間違いです

インターネットでも同じことが言えます。

お店の「イチオシ」がいくつもあると
どれも目立たなくなります。

特に1人や少人数でビジネスをしていると、
どうしても「あれもできます」「これもできます」「それもできます」
といってしまいがちです。

これは実は優秀な人ほどそんな傾向があります。
だって実際に出来ないわけではないのですから。

でもある酒屋さんの例を聞いて下さい。

店舗だけでの売上が厳しいから、インターネットでも
販売を始めようと、ホームページを作りました。

なかなかいいデザインです。
お酒もビール、日本酒、焼酎、ワイン等いろいろ揃えています。

しかし、なかなか思うように売上はあがりません。

あるとき、地元の付き合いの都合で
スペイン産のワインをたくさん取り扱うことになりました。

今まで、それほどワインが多く売れていたわけではないのですが、
やむを得ず、販売を開始しました。

ホームページには
「スペイン産ワインの店」として、スペインのワインについて
詳しくホームページに掲載するようにしたところ、
驚くように売れるようになりました。

さらに
「スペイン産ワインの専門店」と大きく書き、
取り扱い品種を増やし、もっと詳しくホームページには
書くようにしました。

すると、インターネットではもちろんのこと
今までは地元の人しか買いにこなかったのに
遠方からもワインを求めてきていただけるようになりました。

店舗では今でも他のお酒を取り扱っていますが
お店の片隅に少しだけだそうです。

いかがでしょうか?

あなたの商品のなかでのイチオシは何でしょうか?
あなたの会社をマーケティングをしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*