タイトルが明暗をわけます!ブログ集客の秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのブログはどのくらいの人が訪れていますか?
ブログを見に来ることを「アクセス」といいます。

このアクセス数が多いと、多くの人に見てもらえているわけです。

では、どんな時に多くの人が見にくるかというと、スバリ
「いいタイトル」の時です。

いいタイトルとはどんなタイトルでしょうか?

タイトルを工夫してみる

せっかくお客さんにとって価値のあるブログ記事を書いても
誰にも読んでもらえなったら、切ないですよね。

お客さんにあなたのブログを読んでもらえるか、否かはタイトルで決まります。

なぜなら、どこにでもある平凡なタイトルでは、誰も読もうなんて思わないからです。

例えばダイエットを例にしてみましょう。

「私のダイエット法」ですと、それほど興味が沸きませんが
「食事制限は一切ナシで5kg痩せたダイエット法」

ですと、ちょっと興味がわきますよね。
しかし、ここでも注意点があります。
せっかく興味を持ってくれそうなタイトルにしても
本文の内容とズレてしまっていてはいけません。

本文とタイトルがズレると、読んでいるお客さんは
違和感を感じて立ち去ってしまいます。
もしかすると次の訪問は二度とないかもしれません。

タイトルと本文の内容はズレがない、でも工夫されたタイトルを考えましょう。

タイトルを考える際に大切な2つのポイント

実際にタイトルをつける際に注意したい2つのポイントがあります。
1、タイトルは長すぎない

お客さんに興味を持ってもらおうとして、あまりにも長~いタイトルはいけません。

「辛い食事制限や毎日の運動は一切ナシで3ヶ月で5kgやせた私の驚きのダイエット方法を全て教えます」

確かにより具体的なタイトルで、魅力的なのですが、実際には検索時に
前半部分しか表示されないため、やはり、読んでもらえなくなるのです。

特に最近の傾向ですと、ツイッターなどの短文が好まれることもあり、
長いタイトルは嫌われて気味です。

具体的にいうと、30文字以内で長すぎず、短すぎず、
シンプルなものが好まれています。
2、キーワードを入れる

タイトルが大切な理由がもう1つあります。

それはYahooなどで検索した際に、お客さんが見つけやすい
ということです。

お客さんが見つけやすければ、あなたのブログは読んでもらう
可能性が高くなりますよね。

つまり、お客さんが検索しそうなキーワードを入れるということです

タイトルにお客さんが検索しそうなキーワードを入れると
それだけ、お客さんに見つけてもらえる確立は高くなります。

お客さんは、何かを求めて検索しています。
それは解決法かもしれませんし、商品かもしれません。

いずれにしても、お客さんが求めるようなキーワードを
タイトルに入れることで、見つけてもらえるのです。

例えば、ダイエットの記事を書いたとします。

「ダイエット」だけですと、あまりにも多くのページがあり
あなたのブログはいつまでも見つからないままです。

「運動しない ダイエット」
「キレイになれる ダイエット」

等、2つもしくは3つ以上のキーワードをタイトルに入れると
見つけてもらえるようになります。

さらに、キーワードが記事タイトルの前半にあることが
望ましいです。
あなたのブログ記事のタイトルはどうですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*