Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/netstartpack/start-marketing.com/public_html/wp-content/plugins/siteorigin-panels/inc/styles-admin.php on line 390
ブログ記事を書くためのたった1つのコツ

ブログ記事を書くためのたった1つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ記事を書くというと、大変と思う人が多くいます。

確かに今まで、頭の中や口で言うだけで、文字にしていなかったことを
文字に起こすにはちょっと大変そうなイメージがありますよね。

でもブログ記事を書くためにはたった1つのコツを
掴んでしまえばいいのです。

ブログ記事をかくためのたった1つのコツ

ブログ記事を書くために必要なことはたった1つです。
1つなら、覚えていられますよね。

ではそのたった1つをお伝えしますね。

それは・・・
「とにかく書く」
ことです。

呆れましたか?

でも、ごめんなさい。
ブログ記事を早く書けるようになったり、
面白い記事を書けるようになったり、
内容の濃い記事を書けるようになるには

「とにかく書く」
ことが一番なのです。
そこに近道はないのです。

だからこそ、多くの人がブログを始めたはいいけれど
モチベーションが下がり、続かなくなるのです。

だから、まずは書いて、書いて、書いてくださいね。

ただ、続けて書く作業は時折モチベーションが下がることも
あるでしょうし、書く内容に困ることもあるかもしれません。

そこで、ブログを書き続けるために必要な2つのことを
合わせてお伝えしますね。

ブログを書き続けるために必要な2つのこと

その1、あなたが知っていることを書く

またまた、当たり前のことを!と怒っています?
でも知らないことは書けませんよね?

あなたがお客さんに来て欲しいと思う人が知りたいことで
あなたが知っていることを書くのです。

ただし、ここで誤解する方が多いのですが、
あなたが書こうとしている記事について、
お客さんが知っているか否かは気にする必要なありません。

例えば珈琲専門店の方が
「美味しい珈琲の飲み方」を書いても構いませんし
珈琲をカップに注いでからどのくらいが美味しいかを書いても
珈琲豆の保管方法について書いてもいいのです。

これらのことは、珈琲を好むお客さんは知っているかもしれませんし、
知らないかもしれません。

でも、珈琲が好きなお客さんには知っているといいですよ~
と発信することがとても重要なのです。

「こんなことみんな知っている、これを今さらブログに書くなんて…」

なんて考える必要はありませんヨ。

知っているか知らないかを判断するのはお客さんであって
あなたではないのですよね。

また知っている内容だからといってお客さんが読まないとも限りません。

だから難しく考えずにあなたが知っていることをバシバシ書いてくださいね。

その2、昨日より今日はよい記事を書く!必要はない

ブログを書き始めて、アクセスがあったり、読者の方からいいね、や
感想があったりすると、とても嬉しくなりますよね。

私も初めて感想をもらった時は、とても嬉しくて祝杯をあげちゃったぐらいです。

そうすると、次はもっともっともっといい記事を書いて
お客さんに喜んでもらいたい、誰もが知らないことを書こう
ともの凄く欲深くなります。

記事のためにいいネタがないか、探すことはいいのですが、
もっといい記事に!と気張る必要はありません。

先ほどの、知っているか否かと同様、いい記事かそうでないかは
お客さんにしかわかりませんし、
往々にして作者がいいと思っているものと
読者がいいと思うものの価値は違うものです。

またどんなに頑張っても今のあなたの実力以上の
記事が書けるわけではないので、激変したいい記事は生まれないのです。

うーん。

それよりも、定期的にブログを書くことで
あなたの目も肥やされていくのです。
以上2点。
どちらも決して難しいことではありませんよね。

ブログを書く際のネタやきっかけは、どこにでも沢山ありますヨ。

気負わずにブログを書いていきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*