ファンが生まれリピーターになり売上げを上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのビジネスにおいてリピーターのお客さんはどのくらいいるのでしょうか?

新しくお客さんを獲得する事と比較すると、リピーターを生む労力やコストは1/4とも1/5とも言われています。つまりあなたのビジネス で売上を上げる手段の中で、労力がかからず低コストですむ方法がリピーターを増やすということなのです。

リピーターを増やすといってもいろいろな方法があります。
今回はちょっと変わったリピータの増やし方についてお伝えしますね。

お客さんの不便を利用する

先日、仲間内での勉強会の終了後のことでした。会議室利用の終了時間が来てしまい、白熱した議論のため延長戦に突入となり、居酒屋 さんに場所を移した時のことです。

仲間のひとりが「生絞りレモンサワー」を注文しました。生絞りってレモンやグレープフルーツ、ライムなどが最近はいろいろあります。

頼んだことがある、もしくは注文したもの見たことがある人は多いのではないでしょうか?

多くの居酒屋さんで置いてあるメニューですが、大抵のお店ではグラスに氷とサワーのみが入っていて、果実はお客さんが絞るようにな っていますよね。

これ、やったことがある人はわかると思いますが、ちょっと面倒なんですよね。フレッシュな果実を直接絞るのでとても美味しいので 注文したいのですが、手間がちょっと・・・。

他にもちょっとイヤなのは、絞った後にレモンやグレープフルーツの種をグラスに入れないようにしてジュースを注ぐ事です。勢いよく 傾けるとほとんどの種はグラスに入ってしまいますし、ゆっくり恐る恐る注ぐと、今度はせっかくの果実がグラスに入らなくなってしまいますよね。

ところが今回、注文したレモンサワーの絞り器にはちょっとした工夫がありました。果実を絞ったあと、グラスにジュースを注ぐ際に種が入らないような仕組みになっているのです。

面白かったので写真を撮っておきました。それがこれです。

Hisilicon K3

この内側の突起の部分があることで、種がココに引っかかり、果実とジュースだけをグラスに注ぐ事ができるのです。

これはとても画期的で、頼んだ仲間はこの仕組みにとても驚き、また喜んでいました。喜んだついでに、追加でもう1杯頼んだほどです(笑)。

内側に突起の部分があるか、ないかというほんのちょっとした事ですが今まで不便を感じていた人にはとても嬉しくなる仕組みで すね。

そしてこれがあなたのビジネスで売上げアップを考える時にとても大きな事なのです。

些細な不満は多くの人が抱えている

お客さんにとって大きな不満や不便の解消だけでなく、ちょっとした不満、些細な事だけれども不便な事。これらをあなたの商品・サー ビスが解決できると伝えることがとても大切なのです。

先ほどの絞り器のように、ほんのちょっとした不満や不便というのは多くの人が感じている事なのです。だからこそ、その不満や不便を解消できる商品・サービスを知った時に、人は嬉しくなり、さらに喜びを感じ、あなたの商品・サービスのファンとなってくれのです。

あなたの商品・サービスで、ちょっとした不便がないか、些細な不満がないか、ぜひ探してみましょう。大きなことでなくてよいのです。

お客さんがふと漏らした一言や、お客さんからの声を「仕方がない」とせずにしっかりと耳を傾けましょう。

全てを改善できなくても、少しでも解消できないか、様々な角度から見てみませんか。

絞り器に小さな突起が付いていただけでとても嬉しくなり、ついもう1杯追加で注文してしまった仲間のように、ちょっとした事でお客さんはファンとなり、リピーターになってくれるのです。

よく考えると種を入れないという事よりも「絞る」ということの方がずっと手間で面倒な事です。そしてこの突起ができてもその手間は変わっていませんよね。それでもちょっとした不便が解消された喜びは大きいのです。

そしてそのちょっとした不満だからこそ一人や二人だけでなく、多くのお客さんが抱えている事なのです。

少しの不満・不便の解消

だからこそちょっとの解消で多くのお客さんの不満を解消し、ファンを生みリピーターを増やしていけるのですね。

あなたのビジネスで、ちょっとした不満を解消できる点はありませんか?些細な事でもいいですよね、

ぜひ考えてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*