Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/netstartpack/start-marketing.com/public_html/wp-content/plugins/siteorigin-panels/inc/styles-admin.php on line 390
リピーターが増えないのは理由があった

リピーターが増えないのは理由があった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1度はあなたの商品・サービスを買ってくれたのに
2度以上の購入がない・・・

こんな経験はありませんか?

新しいお客さんもそうですが、1度購入してくれたお客さんが
もう少しリピートしてくれたらいいのに、そう思っていませんか?

リピートしない3つの理由

実はリピーターが増えないのには大きく3つの理由があります。

そうです、3つもあるのですよ。
1つづつ説明しますので、あなたに当てはまるか、確認してくださいね。

1、○○○

1つ目から伏字でごめんなさい。

でも、この1つ目がとても大事なのでちょっと考えて欲しいのです。

実は、これ、あなたの商品がリピートされない、最大の理由なのです。

ちょっと考えてくださいね。





考えましたか?漢字1文字、ひらがな2文字です。






答えは見つかりましたか?

では正解の発表です。

答えは「忘れる」です。

そんなこと?そんなハズはない?
そう思いましたか?

ある調査によると2回目を購入しなかった人の78%の理由が
この忘れる、なのです。

現代人はとても、とても、とても忙しいのです。

朝起きて、時計と睨めっこしながら、朝食を食べ支度をして出勤。

昨日の仕事を考えながら、今日の仕事をこなし、
明日の仕事も考え、今週の仕事、今月の仕事も考える。

女性ですと、この合間に今日の夕飯と明日のご飯。
子供さんがいると、子供の予定も考えます。

帰宅時には自分達の週末の予定や今月の予定。

あーーーーっ、もう、考えることは山盛りですね。

そんな毎日であなたの商品のことを思い出すのは
至難のワザなのです。

悲しいかな、右から左へどんどん、
川の様に流れていってしまうのです。

この忘れるを食い止めるために、思い出してもらうために、
あなたは、あなたの商品を買ってくれた大切なお客さんに
どんどん、アプローチをしていくことが大切なのです。

2、何か問題があった

2つ目の理由は、あなたの商品・サービスに何か問題があった場合です。

それはとても大きなことかもしれませんし、ほんの些細な、小さな小さなことかもしれません。

しかし、お客さんはそれを不快と感じ、2度目の購入はなかった、というケースです。

実は商品やサービスに不満を持ったお客様のうち、90%はクレームを申し立てないというデータがあります。

つまり本当は、解決すべき問題があったのですが、お客さんからは何も言われないためあなたは気づかず、次の購入に結びつかなかったケースです。

このようなケースでは、あなたに不備がなかったかを尋ね、丁寧に詫びることがとても大切です。

3、卒業する

歯医者さんや整骨院などですと、主な理由になりますが、
虫歯が治った、腰痛が治った、などの理由でお客さんが卒業と判断して
リピートしないケースです。

このようなケースですと、元々はリピートしてくれたお客さんですが、
リピートする理由がなくなった、ということですね。

こちらは1項の忘れたにならないように、お客さんが忘れないような、
さらにまた来てくれるような、アプローチをしていくことが大切です。
以上、リピーターが増えない3つの大きな理由はご理解いただけましたか?

もちろん、詳しく言うならば、リピーターが増えない理由はもっともっとあります。

ですが、まずはこの3つを把握して、1つずつ、しっかり対処することが大切ですよね。

 

リピーターが増えない理由に、あなたが思い当たる点はありましたか?
それらをどうやって改善していきますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*