Facebook、ブログ、ツイッター、LINE、インスタどれがいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今のソーシャルメディアの発展はすごいですよね。
わずか数年で、いろいろな媒体が生まれ、発展してきました。

もちろん、中には消えてしまったものもありますが、
次々に出てくるサービス、いったいどれが一番効果的なのでしょうか?

最も効果的なメディアはどれ??

それぞれについて、メリット、デメリットはありますので
全て挙げると膨大な量になってしまいます。

そこであくまでビジネスとしてのポイントを感単にまとめてみました。

メリット デメリット
Facebook 原則として本名 (一般的に)セールスに弱い
登録者は全世界 効果に時間がかかる
ファンとの交流に良い 個人情報の保護に注意
ブログ カスタマイズしやすい 効果に時間がかかる
閲覧が自由 誹謗中傷される可能性有
ツイッター 拡散力が大きい 誹謗中傷される可能性有
お金をかけずにPR可 文字数制限で長文には不向き
リアルタイムな情報発信
LINE 交流には最適 拡散には不向き
地域密着などに良
国内のアクティブユーザ多
個人情報の漏洩が少ない
インスタグラム クリエイィブなつながり 単体での拡散はできない
(インスタ) ギャラリーとして活用
文字数の制限が緩い

ブログなどビジネスとしても取り組みやすいものもありますが
ツイッターやインスタなど、ビジネスとするには
よく考えてからはじめた方がいいものがあるのはおわかりでしょうか?

では冒頭のどれが一番効果的なのでしょうか?

結論から言うと、どれが、というのであれば全てのメディアです。

でも実際には、一斉に全てをやるには物理的に難しいですよね。
そんなことが出来るのは、それぞれに担当をおける大手企業ぐらいですよね。

であるならば、あなたのお客さんに合わせた媒体から始めましょう。
なぜならば、ビジネスによりお客さんの層が違うからです。

いくらツイッターが良い、といわれても
あなたのお客さんと思われる人たちがツイッターを使っている人が
少ないのであれば、その効果はたかが知れていますよね。

あなたのお客さんに合うメディアはどれ?

もし、あなたのビジネスではどれも取り組んでいなくて
どれから始めよう、という状態でしたら、まずはブログをお勧めします。

なぜなら、facebook、ツイッター、LINE、インスタ、どれもが
最終的にはブログとの提携が必要となるからです。

またインターネットで検索した時に、ブログですと検索されやすい
という背景も、ブログをお勧めする理由のひとつです。

しかし、ここで大事なことがあります。

Facebook、ブログ、ツイッター、LINE、インスタ、いずれも
所詮ツールのひとつに過ぎません。

例えば少し前にmixiが大流行して、ビジネスとして
大いに利用した方もいたことでしょう。

しかし、今でもmixiは存在するものの、かつてのように
ビジネスとしての利用は難しくなっています。

mixiのように、今ある媒体もまた、ブームが下火になったり、
またさらに使い勝手の良い別の媒体に変わるとも限らないのです。

だからこそ、全ての媒体を使用しつつ、あなたのお客さんに合った
ものを提供することがとても大切なのです。

最後にこんな例をご紹介しますね。

その方はよく講演をされるそうで、その講演時の映像や音声を
後日、編集して販売しています。

人気の先生だからでしょうか、毎回、飛ぶように売れるそうです。

以前はCDで音声だけだったものを、DVDで映像も用意し、
いつでも聞けるように、とダウンロード版も用意しています。

ところが、この先生が販売している中で、一番売れている媒体、
それはなんと、カセットテープだそうです。

先生のお客さんは、どちらかというと年配の方が多いそうです。
とはいえ、ご家族と住んでいれば、CDはもちろんDVDもあるでしょうし、
ipodなども自宅にはあるかもしれません。

しかし、お客さん自身がひとりでも不自由なく使えるものがカセットテープ、
という方が多いために、現在でもカセットテープで販売しているのです。

 

「全ての媒体は用意して、且つお客さんに合ったもの」

あなたの商品はどうでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*