店舗オーナーが今すぐリピーターを増やす最も簡単な方法3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
more-repeat

あなたのお店にはリピーターは何人ぐらいいますか?
リピーターが多いとお店の売上が見込めるため、経営が安定するだけでなく、お店にも活気が出てきますよね。

夢の国といわれる東京ディズニーランドも実は95%以上がリピーターです。その驚異的な数値によって増収増益のしくみを生み出してきたことから考えるとあなたのお店も、もっとリピーターを増やして売上アップを計りたいと思いませんか?

そこで今回は今すぐ簡単にリピーターを増やす方法について、お伝えしますね。

リピーターを増やす具体例

リピーターを増やすには、いろいろな方法があります。きっとあなたも1つや2つやってみたことがあるのではないでしょうか?

でもあまり効果を感じられない、もっとリピーターを増やしたいと考えるなら、発想を変えてリピーターが増えない理由を潰していく事も必要ですよね。

あなたが気づかないところで、リピーターが増えない理由があるかもしれません。あなたのお店はこんなことやっていませんか?

リピーターが増えない理由その1、看板がわかりにくい

あなたのお店の店名がわかる看板等の表記は誰もが見つけられる場所にありますか?

お店を構えている限り、看板がない、ということはあまりありませんよね。

しかしその看板は誰もがわかりやすい、見つけられる場所に設置していますか?お店の近くまで来ているのに見つけられない、というお客さんはいませんか?

看板が見にくい、という事実とリピーターはどのような関係があるのでしょうか?始めてのお客さんならともかく、リピーターとは一見関係がないように思えますよね?

でもお店の場所がわからなくて近くまで来ているのに看板が見つからず、探して探してやっと辿り着いたというようなお店にまた行きたいと思うでしょうか?

その時点で「不親切なお店だなあ」と感じてしまいますよね。

こんな例があります。

以前、道路の片側からしか看板が見えないお店がありました。どういうことかというと、お店を正面にみて左側から来る人からは看板が見えるけれども、右側から来る人は看板が全く見えないのです。しかもお店は2階なのです。

お店の方にその旨をお伝えすると「お店の前までくれば、わかりますよ」とちょっと不満そうです。

でも実際に始めてお店に来た人はお店を探してきているのですから、お店がどこにあるのかわからないですよね。自分では日常の普通の事なので、なかなか気づきにくいのです。

理由を説明するとオーナーさんは納得されて、どこからでも見える看板にしました。すると新規でお見えになるお客さんが増え、さらにリピーターさんも増えたのです。

今までそれだけのお客さんを逃していたことなんですよね。

たかが看板、とあなどってはいけません。あなたのお店の看板はどこからでも見えるようになっていますか?

リピーターが増えない理由その2、営業時間や定休日が明記していない

あなたのお店の営業時間は何時から何時まででしょうか?定休日はいつでしょうか?
それはきちんと表示していますか?

実は以前、始めてお邪魔した居酒屋さんでこんなことがありました。

カウンターが12席と座敷が24席の中規模のお店でしたが、その日は店員さんがいつもより少ないのか、お店はてんてこ舞いでした。

でも料理はとても美味しく、価格も手頃です。人気のお店で繁盛しているのだなあ、また来てみたいなぁ、との思い店内を見渡して営業時間等の記載を探したのですが、見当たりません。

メニューに書いてあるかも?と見てみるもそこにもありません。それならばとその場でネットで検索したのですが、ネットには掲載していませんでした。

うーん・・・

忙しい店員さんに聞くのもどうかと躊躇っていましたが、また来た時にお休みだったらイヤですよね。そこで思い切って会計時に聞いてみました。

すると、のれんで隠れたその裏に定休日や営業時間の記載が・・・!!!

いや、そんなところに書いてあっても誰も見つけられませんよね。

あなたの業界にとって、例えば「平日の日中のみしか営業しない」は当たり前でもお客さんにとっては普通ではありません。

営業時間や定休日が定まっている場合は、お客さんがわかるように表記しましょう。
のれんで隠れているなんて、もったいないですよ。

大したことではありませんが、こういった些細なことが、あなたのお店にリピーターが増えない要因になるのです。

リピーターが増えない理由その3、店名がわからない

ウソのようなお話ですが、お店の名前がよくわからないことがあります。

特にここ最近はお店の名前が日本語以外の言葉であったり、デザインに凝ったりしているせいか、店名が読めないというケースを多くみかけます。

決してそれらを否定しているわけではありません。ただお客さんが「いいお店だなあ、また行きたいなあ」と思った時にお店の名前がわからないというのは致命的ですよね。

○○町にあるイタリアン
△△街の歯医者
◇◇通りにあるケーキ屋さん

そんな大括りでしかお店を覚えてくれないかもしれません。ですが「**通りにある○○屋さん」ですと、同じ通りにある別のお店と間違えないとも限りませんよね。

お店の名前がわかりにくい場合は、カタカナを添える、意味を伝えるなどの一工夫をして覚えてもらうことが必要です。

今すぐリピーターを増やす方法まとめ

今すぐリピーターを簡単に増やすには、リピーターがなぜ増えないのかを考えると意外なところにその理由があることがわかります。

1、看板がわかりやすいか
2、営業時間や定休日は明記されているか
3、店名がわかるようにしているか

いずれも、お客さんの目線に立つと「ここ不便だな~」と感じまることですよね。
この「不便だな~」という感情がピータが増えない理由につながるのです。

いずれもほんのちょっとした、些細な事ですが1つ1つをしっかり対応していくことで、リピーターは増えていくのです。

リピーターを増やすために、ぜひ一度見直してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*