今すぐ売上をあげたい!今日から実践できる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sales-valume

ビジネスをしていると、どうしても今すぐに売上をあげなければ、と思う時があると思います。そんな時あなたはどうしていますか?

赤字覚悟でセールをする?気心しれたお客さんにお願いする?運を天に任せる?

それでは一時だけはしのげても、また次に苦しい時がきてしまいますよね。

そもそもビジネスをしているのであれば、少しずつでも毎月の売上が上がっていって欲しいというのが本音ではないでしょうか?

そんなあなたに今回は今すぐ売上を上げるために今日から実践できる方法をお伝えしますね。

売上をあげたい時の考え方

売上をあげたい時は、まず次の3つの考えをベースにする必要があります。

・お客さんの数を増やす
・お客さんが購入する単価を上げる
・お客さんの購入回数を増やす

これは世界的に有名なマーケティングコンサルタントが述べていることですので、もしかしたら、既 に聞いたことがあるかもしれませんね。

これを見て「この方法では今すぐ売上を上げるなんて難しいよ」と思ってしまっていませんか?そんなことはありませんよ。売上をあげる方法はこの3つでしかありません。

詳しく説明しますね。

その1、お客さんの数を増やす

お客さんの数を増やすとは、今まで購入したことがない、もしくはかなり昔に購入したことがあるが
しばらく購入をしていないお客さんに、買ってもらうことを指します。

売上を上げたい、と考えて行う赤字覚悟のセールの多くはこれになります。とにかくお客さんに来て
もらって買ってもらうことを優先していますよね。

ここでひとつ、覚えていて欲しいことがあります。
それは「困った時の赤字覚悟のセールをしてはいけない」ということです。

それはなぜでしょうか?

ビジネスをしている以上、大切なのは売上ではなくて利益ですよね。手元にどのくらい残るか、を考えていかなければいけません。

ところが困った時の赤字覚悟のセールは、目の前の売上を確保することだけに焦点が絞られているので、利益はほとんどない、ヘタしたら本当に赤字になってしまうことになりかねません。

赤字覚悟のセールではない方法でお客さんに来てもらう方法を考えることがまずは大切です。

例えばスーパーなどではイベントを催したりします。イベントにあまり工夫が出来ない場合は、じゃんけん大会でもいいのです。じゃんけんに買ったお客さんの何名かに、プレゼントや次回使える金券を用意するぐらいでしたら、すぐにできますよね。

まずはどんな形ならお客さんは来てくれるのか、あなたのビジネスに合わせて考えてみてくださいね。

その2、購入する単価をあげる

お客さんの購入する単価を上げる、というと商品の価格の値上げ、と考えがちです。もちろんそれは間違いではありませんし、効果的な方法ですが誰もが今すぐにできるわけではありませんよね。

そこでまず出来る方法としては、他の商品も併せて購入してもらう方法です。

ファーストフードでハンバーガーを注文すると「ご一緒にポテトはいかがですか?」と言われたり、コンビニでお弁当を買う時にドリンクも一緒に買うと割引になるキャンペーンなどは、あなたも経験があるのではないでしょうか?

AMAZONや楽天などネットで商品を購入したことがある人は「この商品を買った人はこれも買っています」などと、おすすめ商品が提示されたことがありませんか?

これが他の商品も併せて購入する、ということです。

パン屋さんで「只今○○パンが焼きあがりました~」といって焼きたてパンを棚に並べるのも、焼きたてなら買ってみようと思ってもらう、応用例です。

さらに応用して「シャンプーとリンス」をセットにして単品で購入するよりも少し安く販売しているケースも、実際に購入単価をあげていますよね。

これらの場合、お客さんにとってもメリットを感じやすいので、お勧めしやすいのが特徴ですね。

どんなケースならお客さんはメリットを感じて購入したいと思うのか、をあなたのビジネスで当てはめることがポイントですね。

その3、購入回数を増やす

これは冒頭の「赤字覚悟のセール」も時々あてはまりますよね。セールを行うことで既にあるけれども、予備として購入させる、ということですね。

しかしこの場合も、次の購入までブランクができてしまうため、あなたのビジネスには一時的なメリットしか生まれませんよね。

購入回数を増やす例で多いのはスタンプカードやお店で使える金券などです。

スタンプカードは何十回も来店しないといけないような難しいものでなく、2回目の来店ですぐにお得感がでるようにすると、効果が大きいですし、金券なども期限を設けることで来店回数は増えていきます。

実際に私も100円程度の割引券ですが、有効期限のためにまた来店して購入した経験は1度や2度どころか、数多くあります。

特に人は一度手に入れたものに対して、損をするという行為を激しく嫌う性質があるので、期限を設けたサービスというのは、とても大きな効果があります。

あなたのビジネスの売上をあげる

以上3つが売上を上げたい時の考え方です。

私も含めて売上を上げる時はどうしても目の前の事だけに集中してしまいがちですが、それでは一時だけで、次にはつながりません。

特に一旦、価格を下げてしまうとあっという間に価格競争の罠にはまり、お客さんも低価格の時にしか購入しないようになります。

売上を上げたい時には
・どうやったら客数が増えるのか?
・どうしたらお客さんの購入金額があがるのか?
・どうすれば何度も購入してくれるのか?
を考えてから、施策を行うことが最も重要です。

この施策を生みだすとあなたのビジネスは今だけでなく、今後も売上が上がっていくのです。

 

でも、どうしても思いつかない場合は一度、無料相談をしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*