Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/netstartpack/start-marketing.com/public_html/wp-content/plugins/siteorigin-panels/inc/styles-admin.php on line 390
他社との違いはどこ?ライザップと結婚相談所から学ぶ

他社との違いはどこ?ライザップと結婚相談所から学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの商品・サービスで他社との決定的な違いは何でしょうか?

モノがあふれる昨今では、この決定的な違いがなければ
その他多くの商品と同一とみなされ、砂の山に埋もれてしまいますよ。

では他にはない、全くの新製品を持っていなければ生き残れないのでしょうか?

商品の個性を前面に出すと…

もし仮に、あなたが他社にはない全くの新製品を発売したとしても
この情報社会では、すぐに誰かがマネをしてしまいますよね。

安価なコピー商品を作ることがが得意な会社もあります。

つまり、商品がオリジナルか否か、はそれほど重要ではありません。

商品に個性を持たせているか、が他社との違いになるのです。
例を挙げてみますね。

ライザップに学ぶ個性

最近、急成長のスポーツジム「ライザップ」です。

そもそも、人がスポーツジムに通う理由は
・筋肉をつけて、マッチョになりたい
・やせたい
・運動不足

などがありますよね。

いずれの人にも共通しているのは、
スポーツジムに通うという行為は、決して楽な道のりを歩くわけではない、
ということです。

筋肉をつけるために、プロテインを飲むことでも
痩せるにはサプリメント、運動不足だって自宅でストレッチ

でいいのに、そっちの方が楽なのに、あえてちょっと苦しい道を選んでいるわけですよね。

他のスポーツジムが勧誘の広告や看板で、
楽しそうにしている人々の顔を載せているのは、

苦しい道だけどウチのスポーツジムは楽しいよ!と敢えて謳っているのです。

しかしライザップは異なります。

あなたの目標を達成させるには、とてつもなく辛く、苦しい。
笑うなんてとんでもない、毎日、毎日が闘いだ。

でもその変わりに、あなたの目標を達成させる、
あなたは結果を手に入れることができる。

そのサポートを全力でしますよ。

そんなことから「結果にコミット(約束)する」という
キャッチコピーが出てきているのです。

つまり、苦しくても辛くてもいいから、結果が欲しい人が来てください、
とお客さんに訴えているのです。

通常で考えたら、辛く、苦しいジムに行きたい人の人数は
それほど多いとは思えませんよね。

しかしライザップは盛況です。

これが個性を前面に打ち出した商品なのです。

個性は作ることができる

理屈は分かったけれど、私の商品に個性を作ることは難しい、
そう、おっしゃる方もまた、多くいます。

本当にそうでしょうか?

結婚相談所に学ぶ個性

例えば結婚相談所です。

通常の結婚相談所ですと、だいたい20歳以上~で
収入があり、独身の方などの指定がありますよね。

しかしある相談所では50歳以上の男女限定にしています。

いくら晩婚化してきているからといっても
20歳以上の相談所に所属する人数と50歳以上の相談所に所属する人数では
大きく差がありますよね。

もちろん50歳以上の方が母体数は圧倒的に少ないのです。
にも関わらず、50歳以上の方が所属する結婚相談所は
大人気なのです。

なぜでしょうか?ここにも個性があるからです。

50歳以上の男女という個性を前面に打ち出すことで、
年齢相応の悩みを持った、お客さんが集まってくるのです。

 

あなたの商品・サービスはどんな個性を出せますか?

年齢、性別、収入、住まいだけでなく
楽しいのか、悲しいのか、辛いのか、嬉しいのか、
甘いのか、しょっぱいのか、辛いのか、苦いのか
優しいのか、冷たいのか、

個性はたくさんありますし、作ることができますよね。
あなたの商品は他社との違いはどこにあるのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」と喜ばれる7つの方法

「あなたから買ってよかった」そう言われたことはありますか? それもインターネットがきっかけでです。

価格競争でしかモノが売れないと言われるこの時代に、インターネットを使って、さらにお客さんから喜ばれる方法があります。

「なぜ喜ばれるの?」「なぜインターネットなの?」その秘密を7つの方法として公開します。

インターネットだからできる
「あなたから買ってよかった」といってくれる
7つの方法

方法1. お客さんは2種類に分けられます
方法2. お客さんは価格で商品を買うのではありません
方法3. 広告代理店の担当者はプロではありません。
方法4. 商品を売ってはいけません
方法5. 顔が見えないインターネットだからいい
方法6. 不要な人にNOをはっきり言いましょう
方法7. あなたから買ってよかったと言われるには?

▶ 無料レポートを手に入れる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*